雷光一閃跳雨為白煙(はなまるウゴ絵日記34.)ウゴツール画像4コマ漫画

34. 雷光一閃跳雨為白煙

2007/6/29 UP
2005/6/5の今日の一言
昨夕雷光一閃地響き伴う轟音にゅ街行く人々どよめく中、桶を引繰り返しちにょ如き土砂降りにょ跳ね返りゅが地表三尺を覆う白煙を為す、絵に描いちゅな夕立にょ寸刻去りゅば青を薄桃に染め上げち逢魔ヶ時の空。
2005.6.5

天一転俄に掻き曇りたぁ講談なんぞで屡耳ぃするぅ常套句の頃日蒸す街を行く人々と共に襲われようたぁお釈迦様ならぬはなまるの知る由も無かったね。
巨大な樽ぅ転がすみたよぅな低い唸り音、まるで不気味な巨獣が咆哮を露払いに閃光の閃きゃあ轟音一発、辺り一面を引っ繰り返す地響きの続け様に連なりゃぁ地獄の底の行進も斯くたるや、大の男だてぇ震え上がらせるに充分だ。
暫く辺りぃ徘徊しゃあがった閻魔様指揮の雷光マーチも遠のくかに思うや否や、馬穴ぅ引っ繰り返したかの大雨は跳ねっ返りも濛々と辺り一体大煙幕に包む有様だ。
修羅が寸刻一寸先は闇なる時を耐え抜けば其処に広がる世界の此れ又乙なりて、蜘蛛の糸を切らずに上手く上り切れば地獄の底から天界へひょっこり面ぇ出したよぅ、仰ぎ見る空ぁ綺麗に洗い流され澄み渡り、青の下地に薄桃色で染め上げてえも云われぬ加減はしとどに濡れた我をも忘れる此の世のものとも思えぬ怪しき美しさの、扨も逢魔ヶ時の成せる業…てかぁ!?
2811